レーザー脱毛は永久脱毛が可能?メリットとデメリットも解説!

永久脱毛ができる唯一の方法と言われる

永久脱毛という言葉はよく見かけるはずですが、永久脱毛ができるのは医療脱毛以外にはありません。一般的に永久脱毛といえば医療レーザー脱毛を指すことが多く、毛母細胞を破壊するほど強力なレーザーを活用します。エステで使用する脱毛器もレーザーを照射すると考えている人は多いですが、レーザーとは性質の異なる光を採用しています。この光はエステサロンなどの美容施設で使用できますが、医療レーザーは医療機器のため医療機関でしか使用できないのです。また永久脱毛は永久的にムダ毛を生えなくする方法ではなく、全身脱毛完了から数年後に再生したという声があります。それでもエステ脱毛や家庭脱毛と比較して減毛作用が大きいのは確かなことです。

レーザー脱毛は肌への刺激が強い

エステ脱毛からレーザー脱毛に乗り換えたら、強い痛みを感じるようになったという人は少なくありません。これはエステの光脱毛よりも強いレーザーを使用しているためで、出力や脱毛効果に比例して痛みも強くなっているのです。焼け付くような痛みを感じるという人もいるので、乾燥肌や敏感肌・混合肌の人だと合わないケースがあります。痛みを抑えるためには麻酔処置が行われますが、麻酔は有料に設定されていることが多いです。それゆえ痛みを我慢できる部位に関しては、麻酔なしの脱毛プランで契約する人が目立ちます。エステの光脱毛の場合は痛みを軽減する冷却ジェルを導入していることが多いですが、これは脱毛料金に含まれているのが一般的です。

© Copyright Remove Body Hair. All Rights Reserved.